social bookmarks

お役立ちリンク

PM2.5(微小粒子状物質)飛散状況まとめサイトとは!?

健康への影響が懸念されるPM2.5。小さい粒子の為呼吸器系の奥まで届きやすく、大量に吸い込む事で疾患を及ぼすとされています。現在は中国から日本までその多くの汚染物質が飛散してきており国の安全基準値を超えるなど事態は深刻化しつつあります。しかしPM2.5を防ぐにはどうしたらいいのか!?どのような対策をとればいいのか!?当サイトはPM2.5の基礎知識や飛散状況、役に立つサイトなどPM2.5の情報をまとめましたので、ぜひご活用下さい。

PM2.5の基礎知識
PM2.5(微小粒子状物質)とは!?
PM2.5の原因と対策!!
PM2.5対策マスク販売館
煙霧、黄砂対策もしっかりと

-今日と明日のPM2.5予報-

今日と明日のPM2.5飛散予報です。毎日チェックして見えない敵から身を守りましょう。
PM2.5週間予測(予報)はコチラ

今日・明日のPM2.5予測(予報)
 8譛?0譌・/
(木)
8譛?1譌・/
(木)
蛹玲オキ驕訂/font>
譚ア蛹怜圏驛ィ
譚ア蛹怜漉驛ィ
鬥夜?蝨需/font>
蛹鈴匣菫。雜懐/font>
譚ア豬キ
霑醍柄
荳ュ蝗ス
蝗帛嵜
荵晏キ槫圏驛ィ
荵晏キ槫漉驛ィ
豐也ク?/font>
 8譛?0譌・/
(木)
8譛?1譌・/
(木)
:少ない→清浄
:やや多い→大気が少し霞む程度
:多い→日本の環境基準値*程度
非常に多い→注意喚起レベル
毎日午前10時頃更新予定
上記予測データは、SPRINTARSおよび開発責任者である竹村俊彦様(九州大学応用力学研究所)の研究により算出しております。
皆様の健康が第一ですので、データの提供に感謝いたします。

PM2.5(微小粒子状物質)とは!?

PM2.5(微小粒子状物質)とは一体何!?
粒径が2.5μm(マイクロメートル)以下の微粒子物質です。PM2.5は微小粒子状物質とも呼ばれています。 PM2.5は粒子がとても小さい為呼吸器系の奥深くまで入りやすいことなどから、ぜんそくや気管支炎、その他呼吸器疾患の原因とされており人体に悪影響を及ぼす事が懸念されています。

北京では以前から問題視されており北京にいると咳をし、離れると治る「北京咳」と名付けられていた。中国ではこのPM2.5が原因による死者数は8500人を超える。

日本にも微小粒子状物質(PM2.5)が飛散し、国の安全基準値を超える地域も出ており問題は深刻化している。


<画像:東京都HPより引用>

↓↓ブログなどで紹介して毎日チェック!↓↓
↓↓コピペしてご利用ください↓↓

-PM2.5に関するNews-

PM2.5に関する最新のニュース一覧(外部リンク)
PM2.5に関するニュースを更に読む方は
PM2.5に関する最新ニュース一覧

PM2.5に関するツイッターのつぶやき